退出時の挨拶は必須なのです

ノンアダルト系ライブチャットを利用するのであれば、絶対に踏まえておかねばならないのが「マナ−」である事を、冒頭で念押ししておきましょう。
いくら相手がチャットレディでこちらが「客」と言えど、相手は素人の一般女性ですから、男性利用者は最低限の会話のマナ−を逸脱してはならないのです。
気軽に会話を楽しめるとは言え、最低限のル−ルとして、会話をスタ−トする際の挨拶、初対面の女性への自己紹介、退出時の挨拶は必須なのです。
そして頻繁に問題となっているのが、利用客からチャットレディへのしつこい性的な質問なのです。
少々のエッチな会話はグレ−ゾ−ンとして許容範疇となっていますが、ノンアダルト系でのエッチな話題は基本セクハラの範疇と判断され、
最悪チャットレディからのキック(強制退出)や運営者側からのアクセス禁止処分となる場合もあるのです。
女性は男性の想定以上に性的な話題には過敏かつ拒絶反応が顕著だと踏まえ、いくら客であっても限度を踏まえる義務を負う事を知っておきましょう。
そして飲酒から泥酔状態でチャットレディに絡む客の存在も確認されており、これも困ったケ−スだと言えます。
確かに女性の御機嫌を過剰に取る義務は負いませんが、最低限相手に迷惑を掛けない事は厳守せねばなりません。
とりわけ匿名性が高いライブチャット故、油断から羽目を外して迷惑行為に及んでしまうユ−ザ−も多々見られるのが現状です。
アダルト系サイトでは許容範疇でも、ノンアダルトでは完全にアウト!というケ−スが多々ありますので、最低限のモラルとマナ−を常に頭に置いた状態で、
ライブチャットを楽しむ姿勢を自己確認しておきましょう。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.