サイト選択基準としては重要

基準人気を博しているノンアダルト系サイトには、ある共通する特徴が確認出来ます。
まず第一に在籍女性の人数が多い事で、これは最低限の前提条件であり、事実優良サイトと利用者からの支持を集めているサイトでは、
常に数百人単位の女性がイン状態を維持していて、相手探しに困ってしまうケ−スはまず見られないのです。
自宅に居ながらにして手軽に楽しめる事がライブチャットの醍醐味である以上、アクセスから即チャット開始という流れが保証されている事は大きなポイントです。
次に利用料金が安価である点も外せない魅力で、優良サイトの条件にカウント出来ます。
具体的には1分間あたり100円以下の料金設定であれば「檄安サイト」と捉える事が出来、料金とサ−ビスのクオリティは必ずしも比例しませんので、
こうしたコストパフォ−マンスの良さもサイト選択基準としては重要です。
そして安定した接続状態が保てる事も大切で、意外とこの部分を見落している利用者が少なくありません。
大手運営サイトの場合、独自のサ−バ−を運用しているのでまず問題ありませんが、中には夜間の混雑時間帯に対応出来ていないサイトや、
ラグが頻繁に生じてしまうサイトが在るのも事実です。
増してやチャット中に回線が切断されてしまう様な劣悪サイトもありますが、これは利用に値しません。
安定して鮮明な画質を届けてくれるサイトである点も押さえておきましょう。
また優良サイト、大手サイトは各種キャンペ−ンを実施しており、とりわけ新規会員限定対象のキャンペ−ンは充実していますから、
無料でライブチャットを体験出来るサ−ビスがあれば、ぜひ体験して頂きたいと思います。

マナーを守って話さなければなりません

マナーライブチャットはアダルト系だけではありません。
もちろん、ノンアダルト系のライブチャットもあります。
ですから、何も、女性とエッチな対話をしたい人だけが利用するものではありません。
中には、毎日、仕事で疲れ、もしくは、恋人や夫婦の問題で疲れ、ライブチャットで気楽に女性と話して、心を休めたいという方もいらっしゃることでしょう。
もし、悩みがあっても仕事の仲間に話すと、その他の同僚に話が伝わってしまうかもしれません。
その点、ノンアダルト系ライブチャットなら、例えば、全くタイプの違う女性、例えば、主婦相手に自分の職場の話を愚痴ったり、または、気晴らしに楽しい会話をしたり…というようなことを楽しむことができます。
ここで守らなければいけないのは、ライブチャットでのマナー。
ノンアダルト系ライブチャットなのに、エッチな話ばかり。
それでは、相手に嫌がられてしまいます。
ノンアダルト系ライブチャットは、基本的にエッチな会話を楽しむ場ではありません。
趣味の会話を繰り広げたりして、マナーを守って話さなければなりません。
ところがライブチャットの場合、アダルト系でもノンアダルト系の場合でも、自由にエッチな会話をして良いと思っている方も少なくないようです。
もちろん、話の流れ上、ノンアダルト系でも、多少、エッチな方向に流れていく場合もありますが、基本的に、強引に、そういう方向に話を持っていくのはやめた方が良さそうです。

各々のサイトの目的は全く違っている

目的ライブチャットという言葉を耳にすると、どうしてもアダルト的なネット上のサ−ビスを連想する人が多い傾向は否定出来ません。
確かにネット上で目にする広告も、18禁の刺激的な内容が主流です。
ですが実際には全てがこの限りでは無く、あくまで一般対象のノンアダルト系ライブチャットも存在していて、こちらも大きな支持を得ているのです。
ここで注意すべきなのが、たとえノンアダルト系と言っても、18歳未満の利用を禁じているサイトが多いという現状なのです。
有料のサ−ビスでありクレジットカ−ド番号などの個人情報を登録する必要がありますので、これは利用者保護の見地からの判断規定なのでしょう。
そしてアダルト系とノンアダルト系ライブチャットは、サイトの構成自体は酷似していますので、多くの人が両者を混同して捉えているのも事実です。
こうした背景が結果、ライブチャットは全てアダルトコンテンツというイメ−ジに繋がっているのだと推察されるのです。
そこでアダルト系とノンアダルト系の実際のサ−ビスの違いを確かめてみると、アダルト系ライブチャットのサ−ビス内容を具体的に列記すると、
脱衣行為、エロト−ク、オナニ−といった性的充足を目的とする男性を喜ばせるサ−ビスを映像と音声を用いて配信しており、
ノンアダルト系サイトに於いては、あくまで女性とのお喋りを満喫する事がメインの目的として、
恋人同士が2人で話している、もしくはキャバクラの雰囲気を醸し出すようなサ−ビスとなっています。
このようにコミュニケ−ションの手法は共通していても、各々のサイトの目的は全く違っているのです。
ちなみに料金設定ですが、双方共時間制となっており、アダルト系の方が総じて高額設定となっています。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.